歯科や矯正歯科に行こう~部分矯正で歯の問題グッバイ~

案内

矯正の方法

歯

矯正歯科では歯の噛み合わせや関節の異常をあらゆる方法で治し、より歯を使いやすくする歯科です。矯正歯科に行き噛み合わせや衛生的環境をよくすることも可能といわれています。

詳しくはこちら

歯科の状況

歯型

歯科の状況は歴史を遡ることで分かるかもしれない。歯科によっては痛みを少なく治療することができる歯科もあります。歯科になるためにはかなりの時間がかかるといわれている。

詳しくはこちら

歯医者による治療

医療器具

最近では安定して利用することが出来るようになった歯科によるサービスですが、適切な治療を行なってもらわなければ意味がありません。最近ではきちんと歯科の先生が診て必要な治療などを説明して治療を行なっているので安心して下さい。

詳しくはこちら

入れ歯の歴史

歯科

戦国時代頃から存在が認められている。最も古いものには弥生時代の遺跡から義歯と思しき発掘が確認されているが、本当に義歯であるかの各章はない。江戸時代には多数の入れ歯が見つかっている、歯肉にあたる部分が歯つげの木で出来ている。江戸時代、大工の年収が2両程度であったにもかかわらず、一式1両半ほどしたので大変高価なものであった。現代に使われているような、ゴム床の入れ歯になったのは近代歯科が日本に広まった明治以降である。入れ歯は年齢を重ねて、やむを得なく歯を失った場合に作成し、使用するものである。そのほかに、交通事故等の原因によって義歯を使うという方もいる。その場合は歯科受診し、その人にあったものを使用する。入れ歯は体の一部であり、体を作ることに対しても重要な意味がある。人の体は食事をすることで出来上がっているが、食事をきちんとするためには口腔内の状態をよくする必要があり、入れ歯は歯科受診をして、きちんと自分に合ったものを作成する必要がある。

入れ歯には二つの種類が大きく分けて存在し、分け目となる要因は、歯の残っている状態によってである。歯が全てなくなっている場合は総入れ歯、一本でも残っている場合は部分的に歯を作ることになる。これらは基本的に保険で作ることが可能であるが、保険内だと耐久性や審美性、機能性よりもコストを重視する傾向にある。そのため、自分の要求が叶えられた使い勝手の良いものは自費でなければ作ることはできない。また自費で作る場合は、尼崎の歯科の診断をしっかり受けて検討しなければ無駄なコストがかかることも頭に入れておかなければならない。尼崎には沢山の歯科があるため入れ歯を作るのにどれほど手間がかかるのか問い合わせてみるといいでしょう。

Copyright© 2016 歯科や矯正歯科に行こう~部分矯正で歯の問題グッバイ~All Rights Reserved.